Root Life

Android端末に関してのニュース等をまとめます。現在はHTC J Butterfly等のAndroid系の記事を多く書いています。
Root Life TOP  >  Nexus7

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Nexus7の電池残量表示を100段階にする。

IMG_0036.jpg

ステータスバーのバッテリー表示を100段階にしたいと思います。
やっぱり100段階表示のほうが落ち着きますよね。(?)

と言っても、Android4.2からはステータスバーの右側を下ろせば電池残量が分かったりするのですが…

しかし頑なにステータスバーは%表示にしないんですよね。
元々%表示のAndroid端末ってあるんでしょうか?

Screenshot_2013-03-10-23-09-38.jpg Screenshot_2013-03-10-23-09-55.jpg

上画像のような感じですね。
どんな風に変化するのか楽しみです。早速導入してみましょう。





※system領域を弄るので、自己責任のもと行なってください!

導入方法


今回もxdaの有志の方が作成してくれた物を利用させてもらいます。

[VRTHEME]1% Animated Battery Mod for Stock Roms, PA 2.5 & SmoothROM 4.2

現在、私のNexus7はrootを取得した上で通常のROMを運用していますが、for Stock Romsと書いてあるので対応していますね。

必要なファイル(*.zip)を上記URLからダウンロードします。その際、しっかり自分のNexus7のバージョンを確認してから該当するものをDLしましょう。私の場合は

Stock 4.2.2 JDQ39 Wi-Fi HyDrOG3N Base Battery VRTheme

を利用します。

ダウンロードが完了したら、ファイル(*.zip)を解凍せずにNexus7の分かりやすい所に置いておきます。

次に、端末をUSBデバッグONでPCと繋ぎ、コマンドプロンプトに

adb reboot recovery

と打ち込み、リカバリーに入りましょう。

リカバリーに入ったら、[install zip from sdcard][choose zip from sdcard][ファイルを入れたフォルダ]に行き、先ほど入れておいたファイルをインストールしましょう。

インストールが完了したら一番前に戻り、[reboot system now]を選択し再起動します。

「Androidをアップグレードしています」の表示が終われば終了です。


総評

ステータスバーを見てみましょう。

Screenshot_2013-03-10-23-31-22.jpg


おお、しっかり100段階表示になったようです!(小さくてすいません…)

これで、バッテリーの残量がいつでも正確に把握することができますね!

…ただ、Nexus7は電池容量自体が大きく、かつWifi運用な為だいたい1週間程度は電池が持つんですよね。勿論激しく使えばもっと早く電池が尽きますが。

もしかして100段階にしなくても…よかったりするのでしょうか?笑



Sony SmartWatch スマートウォッチ Android ウォッチ (Twitterなどができて Xperia と連携できるタッチディスプレイ腕時計) 輸入品

スポンサーサイト
[ 2013年03月10日 23:36 ] カテゴリ:Nexus7 | TB(0) | CM(0)

Nexus7を手動でroot取得を行う。




Android4.2.2にバージョンアップした際に工場出荷状態に戻した為、rootユーザーではなくなりました。
以前はToolkitを利用してroot化したのですが、今回は手動でroot取得を行います。

簡単なんですけどね、Toolkitを使ったほうが…

ちなみにToolkitはxdaで配布されています↓
[Google Nexus 7 TOOLKIT V4.0.0] Drivers, Backup, Unlock, Root, CWM, Flash + MUCH MORE - xda developers


手動でrootを取得する流れは

(1)Bootloaderのunlock
(2)カスタムリカバリーとSuperSUの導入


でいけるかと思います。
早速さらっとやってみましょう。

※system領域を弄るので、最悪壊れます。自己責任のもと行なってください。


(1)BootloaderのUnlock
※この作業が終了すると初期化されます。必要なファイルはバックアップしておきましょう!

USBデバッグONでPCとNexus7を繋ぎ、コマンドプロンプトから

adb reboot bootloader

と入力してブートローダーに入ります。その後、コマンドプロンプトから

fastboot oem unlock

と入力します。すると、Nexus7の画面上に英語でBootloaderをunlockするかどうか問われているので、volumeキーで選びたい方(今回はYesです)を選んで、電源ボタンで決定します。

IMG_0037.jpg


完了したら再びコマンドプロンプトで

fastboot reboot

と入力して再起動し、bootloaderのunlockが完了します。
再起動中に「Google」のロゴの下に南京錠的な画像が出てきていれば成功です。

IMG_0038.jpg


起動すると「Welocome」の表示が出て再セットアップを求められます。
適当にセットアップしてください。


(2)カスタムリカバリーとSuperSUの導入

以下の2つのファイルが必要です。

・SuperSU
http://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=1538053
※Google PlayからもDLできますが、zip版の方をダウンロードしておきます。


・ClockworkMod recovery
http://download2.clockworkmod.com/recoveries/recovery-clockwork-touch-6.0.2.3-grouper.img

SuperSU(zip)はNexus7の中の分かりやすいところに配置、ClockworkMod recoverはadbのパスが通っているところに配置してください。


Nexus7の[設定][タブレット情報][ビルド番号]を連続タップしてください。そうすると隠されていた設定に隠されていた[開発者向けオプション]が出てきます。USBデバッグをONにしておきましょう。

PCと端末を繋いだら、コマンドプロンプトから

adb reboot bootloader

と入力し、ブートローダーに入ります。
その後

fastboot flash recovery recovery-clockwork-touch-6.0.2.3-grouper.img
※recovery-clockwork-touch-6.0.2.3-grouper.imgは今回DLしたrecoveryである為、名前が異なる可能性があります。

を入力してrecoveryを焼きます。

その後、端末のvolumeキーを操作してRecovery modeを選び、電源ボタンで選択しましょう。
するとカスタムリカバリーに入ります。

IMG_0039.jpg


リカバリーの[install zip from sdcard][choose zip from sdcard]を選択し、SuperSUを入れたフォルダにいき、SuperSUを選んだら[Yes]を選んでSuperSUを焼きましょう。終了したら[go back]を選び、最後に[reboot system now]を選択して再起動します。

ドロワーの中にSuperSUのアプリが導入されていれば全て完了です。


・総評

Nexus7は公式にroot化出来る端末ですので、手作業でも非常に簡単にroot化出来るようです。
Toolkitを使うと、何だか色々インストールしたりアンインストールしたりしないといけないので嫌だったんですよね笑

これでまた色々と弄れますね!


[ 2013年02月17日 15:43 ] カテゴリ:Nexus7 | TB(0) | CM(0)

Nexus7を工場出荷状態に戻す。

IMG_0036.jpg


先日、Nexus用のAndroid4.2.2が公開されました。
順次OTAでアップデート出来るようです。

私のNexus7も同様にアップデートが来るはずなので、カスタムROMではなくFactry Imageに戻しておこうと思いました。しかし、以前カスタムROMを焼いた際に基本ロムのバックアップを失念していた為、元に戻せず…これは困りました。
ROM焼きでバックアップを取ってないなどあるまじき行為ですね。
今度から気をつけますorz


しかし流石はNexus、しっかりGoogleさんがFactry Imageを公開しているので、それを当てて元に戻すことにします。


Google公式にFactry Imageを配布しているので、Android4.2.2のFactry Imageを頂きます↓

Factory Images for Nexus Devices - Google

Android4.2.2のファイルサイズは274MBでした。

後はxdaに書いてあった通りに手順を進めることにします。
[Guide] Returning to Stock and/or Unbricking your device - xda developers

ダウンロードしたファイル(*.tgz)を解凍して、中に入っているファイルの

bootloader-grouper-4.18.img
image-nakasi-jdq39.zip

※どちらも導入したいFactry Imageによって名称が変わります。

をADBのパスが通っているところに置いておきます。


Nexus7をUSBデバッグONでPCに接続し

adb reboot bootloader

をコマンドプロンプトに入力してブートローダーに入ります。
その後、以下のコマンドを同様にして入力すれば完了です。

fastboot flash bootloader bootloader-grouper-4.13.img

以下が表示されます。
sending 'bootloader' (2096 KB)...
OKAY [ 0.299s]
writing 'bootloader'...
OKAY [ 11.780s]
finished. total time: 12.084s

fastboot reboot-bootloader

ブートローダーが再起動します。

fastboot -w update image-nakasi-jdq39.zip

ずらずらと書き込みが行われている表示が出た後、自動で再起動するので終了です。


・総評


Screenshot_2013-02-16-08-53-25.png


久しぶりにNexusの「X」の起動ロゴを見ました。
暫くはまた基本のROMで使いますかね。


…実は最初、誤ってNexus7の3G版ROMを突っ込もうとしていました…道理でエラーを吐くわけだ。

皆様がくれぐれも間違えのないように…



[ 2013年02月16日 08:55 ] カテゴリ:Nexus7 | TB(0) | CM(0)

Nexus7の3G版が日本でも販売!




様々なところでNexus7の3G版日本発売についての記事が書かれています。




3G通信機能付きSIMフリー「Nexus 7」がASUSから発売! - ASCII.kp

ASUSが3G対応『Nexus 7』をSIMフリーで2月9日に国内発売へ - ガジェット速報

「Nexus7」のSIMロックフリー版が2月9日に発売決定、実売価格は2万円台に - GIGAZINE


遂にという感じですね!
しかもPadfone2に引き続き、SIMフリーでの販売であるから驚きです。

DocomoやSoftbankのSIMを挿せば使えるってことですよね!

今後、ASUSはSIMフリー機をどんどん日本で発売してくれるのでしょうか。
この流れを様々な会社が追随してくれると嬉しいですね!

…その場合、auが苦境に立たされてしまう気もしますが…。

お値段は32GBで29800円です。やはりNexus7は安い!

また、話は少し違いますがNexus10も日本で発売されます。
こういう海外でしか販売していなかった端末が日本でも買えるようになるというのは喜ばしいことですね!


Nexus7公式サイト - ASUS(エイスース)
[ 2013年02月07日 23:22 ] カテゴリ:Nexus7 | TB(0) | CM(0)

Nexus7用の蓋型キーボードを購入してみた。

今までNexus7は裸状態で利用していました。

持ち運ぶときは100円ショップで買ったショック吸収素材で出来た袋(?)に入れていたのですが、知り合いがNexus7のケースを使っているのを見て私も購入を決意。Amazonで面白そうな物が売ってたので買ってみました。

それが、『Google Nexus 7 アルミフィニッシュ ワイヤレス キーボード スタンド カバー シルバー シルバー』です。
何故シルバーが2つ付くのかは不明ですね…



定価は5000円ちょっとらしいのですが、半額ほどになっていたので購入。

IMG_0016.jpg

一応、Bluetoothキーボードなので、Nexus7以外でも使えるようです。(というか使えました。)

箱を開けてみると…

IMG_0017.jpg

なんだか高級感漂うキーボードが!
…写真だとわかりにくいかもしれませんが、そんなに高級感があるわけではないですorz
値段相応ってところでしょうか。

基本的にはプラスチックで作られています。

ちなみに、他に同梱されていたものといえば英文で書かれた説明書のみ。
まぁ、Bluetoothの設定だけなのでそんなに苦労はしないですが。

では、Nexus7と接続してみましょう!

IMG_0018.jpg
(部屋の中が写ってたので汚い修正をしましたすいません…)

接続は、ただ上部の溝にハメこむだけです。
溝に余裕がありますが、ガタつくほどはないようですね。安定しています。
ちなみに、左に置いてあるのがiPod touch、右においてあるのがHTC J Butterflyです。

文字入力もiWnn日本語入力、Google日本語入力の双方で使えましたので、問題ないでしょう。

IMG_0019.jpg

キーボードに「戻るボタン」「ホームボタン」「サーチボタン」が備わっていますので、画面を触らなくても全画面に戻れたりします。これは便利な機能ですね!

ちなみに持ち運ぶときは
IMG_0021.jpg

まるで薄い弁当箱のようになりました。
上の写真はキーボード側で、Nexus7の背面に似せて作られているようです。

裏っ返すと

IMG_0020.jpg

Nexus7側の裏面が見えるようになります。


キーボード自体の電池は内蔵式で、microUSBから給電できます。
IMG_0023.jpg


説明書きに書いてあるスペックを日本語でまとめると

・Bluetooth 3.0のキーボード
・有効範囲は10m
・スタンバイは60日
・充電時間は4~5時間
・リチウムイオン電池160mA
・実働時間は約55時間
・電池の寿命は3年
・キーボードの寿命は500万回打つぐらい
・-10~55℃で使用可能
・重さは80g前後



だそうです。ちなみに、Nexus7とくっつけた状態だと結構重い感じがしたので計ってみましたが、重さは545gでした。Nexus7は340gなので、キーボード自体が205gあることになりますね…?

しかし、ノートパソコンを持ち歩くよりは軽くて持ち運びやすいです。


・総評

BluetoothのON/OFFスイッチが安っぽく感じましたが、その他は概ね良好です。
入力の際にもたつき等もなく、またNexus7を立てて使えるので非常に便利です。

ちょっとした文章作成が捗りそうですね。
しばらく使い込んでみます!



[ 2013年01月21日 23:25 ] カテゴリ:Nexus7 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。