Root Life

Android端末に関してのニュース等をまとめます。現在はHTC J Butterfly等のAndroid系の記事を多く書いています。
Root Life TOP  >  スポンサー広告 >  HTC J Butterfly >  【要root】Adawayを有効にする。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【要root】Adawayを有効にする。

adaway.jpg

HTC J ButterflyでAdAwayを利用可能にします。

AdAwayとは

rootを取得した機種限定で使用出来る広告を非表示にするアプリ。無料アプリ等で画面に表示される広告類を見えないように出来るアプリです。


現状、この端末はS-OFFが出来ていません。
ですので、端末でAdAwayの設定をしても再起動すれば元の状態に戻ってしまい、適応出来ません。

Adawayの作者さんにも同じような悩みを持って質問した方が多くいるようで、アプリのヘルプに対処方法を載せています。

Screenshot_2013-01-13-17-56-04.png Screenshot_2013-01-13-17-56-13.png

今回は上記の方法に一手間加え、AdAwayを使用可能にしましょう!

簡単にまとめると

system内にあるhostsファイルは直接変更できないので、変更可能な場所にリンクを張り、そこを弄ることによってAdawayを利用する、という方法です。

・手順

(1)recoveryに入ってsystemを書き込み可能にする。

USBデバッグをONの状態でPCと端末を繋ぎ、コマンドプロンプトを開いて以下を入力。

adb reboot recovery

その後、端末を操作して[mounts and storage][mount /system][mount /sdcard][mount /data]3つを選ぶ。

(2)コマンドプロンプトを操作し、以下を入力する。

cp /system/etc/hosts /data/data/
mv /system/etc/hosts /system/etc/hosts.old
ln -s /data/data/hosts /system/etc/hosts
reboot


で再起動します。

(3)AdAwayの設定を行う。

再起動が完了したら、AdAwayを起動します。

[メニュー]から[設定]を開き、ページ中程の[ターゲットhostsファイル]をタップします。その後、[/data/data/hosts]を選んだ後、AdAwayの最初の画面に戻って[ファイルをダウンロードして適用]を選べば適応されます。

Screenshot_2013-01-14-12-00-54.png


その後、端末を再起動してみて再びAdAwayを起動、適用されていれば(以下の様な画面になれば)完了です。

Screenshot_2013-01-14-12-14-00.png


これで広告類が見えなくなる…のですが、アプリの開発者さんは日本の方ではないため、日本の広告はあまりカットされていません。

日本の広告を狙い撃ちでカットする為に、少し設定をしましょう。
ただ、長くなってしまったので次の記事で笑

AdAwayで日本の広告を非表示にする。


関連記事
スポンサーサイト
[ 2013年01月14日 12:21 ] カテゴリ:HTC J Butterfly | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。